住宅ローンの金利の種類とは?

ローンの種類とそれぞれの特徴

住宅ローンの種類は大きく分けて全期間固定金利、固定金利選択型と変動金利型の3種類あります。全期間固定金利はローンを組んだ時の金利が支払い終わるまでずっと変わりません。将来金利が下がればその分だけで損ですが、金利が上がっても金利は変わらないので支払い額が増える事はありません。またローンを組んだ時点で総支払額が把握できるメリットがあります。固定金利選択型は一定期間は金利が固定なので支払い額の目処はたちますが、総額に関してはどうなるかわかりません。変動金利型は金利が将来下がればそれに合わせて下がりますし、金利が上がればそれに合わせて上がります。金利の変動によって得をしたり、損をする事はありませんが支払い総額の目処がたちにくいです。

ローンを組む時の選び方

ローンを組む時は固定金利を選んでも変動金利を選んでも将来金利が下がるか上がるか正確にわからない以上はどちらが得が分りません。金利の変動によって支払い総額が安定しない状態を避けたいと考える人もいますし、逆に全期間固定金利にして損をするリスクを背負いたくないという人もいるので自らのニーズにあった種類を選ぶべきです。家族構成によっては子供の教育費などがかかる関係で固定金利選択型が合っている事もあるので、将来のおおよその支出を考慮すると良いです。ローンを組む前に総支払額と月々の支払額をシミュレーションできるので、細かいシミュレーションをしておくべきです。現金がまとまって入った時に繰り上げ返済を考えている場合は繰り上げ返済が可能かも確認しておくと良いです。