住宅ローンで考慮すべき税金について

住宅ローンで気を付ける各種税金について

住宅購入に当たり、住宅ローンを検討している方は多いと思います。いざ購入しようかと思った時に各種の税金が必要な事を知る方も多いのではないでしょうか。計画をもう一度最初から練り直しになってしまう、といったリスクに備えるためにも住宅ローンを利用しようとしている方は事前に各種税金について知っておきましょう。土地や建物の購入にあたっては消費税がかかります。消費税が含まれている金額かどうかまず調べましょう。不動産購入の際の契約書や住宅ローンの契約書には印紙税がかかります。諸費用として気を付けなければなりません。土地建物の所有権の登記や、住宅ローン利用の際の抵当権の設定登記にも登録免許税がかかります。予算を組むにあたって、事前に金額を聞いておきたいですね。

住宅購入後の税金にも気を付けよう。

住宅を購入すると不動産取得税が発生します。これは購入代金に関係なく、固定資産税台帳に登録されている価格によって決まります。実際の購入金額ではないため無償で譲り受けた場合にも課税されるので気を付ける必要があります。これまでアパートや賃貸にお住まいであれば関係の無かった固定資産税も発生します。固定資産税評価額の価格を基に算定され市町村から課税されます。以上のように住宅ローン組む際や住宅購入後には思いもよらなかった税金が発生する事があります。これらの税金には各種軽減措置や優遇措置がありますので、購入を検討している物件が各種軽減措置に当てはまるのかどうかも相談する事をおすすめします。各種軽減措置や優遇制度は年度ごとに見直しもありますので、その点についても注意が必要です。