住宅ローンの組み方とは?

住宅ローンを組む前に行うこと

住宅の購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物であり、ローンを組んで購入する人がほとんどだと思います。その時に重要なのが、住宅ローンの組み方です。一生にわたって支払い続けるローンなので、この設定や組み方を間違えてしまうと、ずっと苦労が尽きない人生を送ることになるかもしれません。住宅ローンを組む前にまず行っておきたいのが、毎月いくらまでなら支払えるのかを計算することです。ここで無理な金額を設定すると、後で大変なことになります。実際に計算する時には、現時点での収入と出費だけで考えるのではなく、将来どのくらいお金が必要になるのかも考えます。例えば子供がいる場合は、学費もしっかり計上しなければなりません。

住宅ローン完済までの年数について

住宅ローンを組む時は、何年ローンにするのかも大切なポイントです。何歳の時に支払い終わるようにするのかも、十分に考えておきましょう。この時のポイントは、可能であれば定年前にローンを完済することです。もし30歳で住宅ローンを組むのであれば、30年間のローンにします。こうすることで、定年退職した後の不安が無くなります。日本では、高齢になってから住宅ローンを支払えなくなり、せっかく購入した家を手放してしまう人が少なくありません。多くの場合、退職して収入が激減し、住宅ローンを支払う余裕が無くなってしまうのが原因です。このような事態に陥らないようにするためには、家族が協力して住宅ローンを支払いきるという意識も大切だと言えるでしょう。